常に都市開発の最先端を目指して

現在、少子化時代を迎え、人口の減少は様々な分野で問題視されています。
つまり、家を建てる人も徐々に減っていくということは、自然の流れとしてとらえるべき事実ではないでしょうか。

そんな時代だからこそ、社会の動きから自分たちが必要とされる業務を見出し、ニッチなニーズへマッチングしていけること、柔軟性とノウハウをもって先へ先へという事業を展開していけること、そんな企業だけが今後この業界で生き抜いていけると考えています。

新時代を見据えた街並みプランニングを

第一土建コンサルタントの業務内容は、土地活用のコンサルティングおよび設計です。
デベロッパーからの依頼を受けて、土地に関するさまざまな調査を実施し、コンサルティング、プランニングを行い、販売できる区画に設計して宅地造成したり、商業用地であれば施設を建てられるように設計し整備をします。このような開発を行うために開発行為許可を取得するのも当社の仕事になります。

住宅メーカー様からは、設計から造成工事までをワンストップで受託しています。
一連の作業を当社におまかせいただくことで、手間をかけずにスムーズな工事の進行ができると高く評価していただいております。

具体的に例を挙げれば、長野県内を中心として住宅地造成開発行為の設計、介護施設や自動車ディーラーの施設開発行為などをはじめ、上田市のJT跡地にて区画整理された住宅地「天神の杜」では、長野県下初となる電柱および電線の地中化を住宅メーカー並びに通信会社とタッグを組み、県や市町村と交渉して実現させました。

当社では、土地開発業界を積極的にリードするべく、お客様の多岐にわたる要望にも対応できるノウハウと技術をもって、最先端の“まちなみのプランニング”に積極的に参加するとともに、それを実現するための折衝力を持って、納期遵守と間違いのない開発事業を遂行していきたいと考えております。

いままでもこれからも、人と人とのつながりを大切にしたい

開発行為の設計は、未来へと続く街づくりの土台として、大きな役割を抱えています。
そして、きれいな街並みは、たくさんの人の努力と信頼の橋渡しでできていると言っても過言ではありません。我々の業界ではシビアな工期でやっているからこそ「この会社なら大丈夫だ、安心して任せられる」「絶対大丈夫だ、信頼しよう」と思っていただけることが非常に大切です。
当社では、工期は1日でも遅れてはならないと常に言ってまいりました。なぜなら、許可をとって工期に間に合わせることが私たちの使命だからです。県や市町村への働きかけも含め「何が何でも諦めないこと」それが、私自身のポリシーであり、社員たちにも受け継がれている当社の仕事に対する姿勢です。

そして将来は、都市開発設計に関しては、企業様とアライアンスを組む形で全国展開をしていきたいと考えています。また、開発行為に並行して新規事業も進めていきたいと構想を練っているところです。

第一土建コンサルタントは、絶対のスピード感と決してあきらめないチャレンジ精神をもって、開発行為を中心とした業務ならびに、将来を見越した事業展開によって当社自身の競争力の強化、企業価値向上を図ることはもとより、長野県及び日本全国の社会発展に貢献してまいります。


DDCの強み